ホームページのリニューアルに必要なことは?【流れを解説】

元々ある会社や店舗のホームページを運営していても、新たに情報を追加したい場合や一新してアクセスを増やしたい場合にリニューアルを行います。
古いホームページのまま放置していてもアクセスは増えませんし、新しいホームページが増えていくので見栄えも悪くなっていきます。

しかし、ホームページのリニューアルはただしたいタイミングでするのではなく、ノウハウが必要です。
ホームページのリニューアルに必要なことや流れを解説していきます。

1.ホームページをリニューアルするするメリット

ホームページをリニューアルする理由はさまざまですが、リニューアルはどういったメリットをもたらすのでしょうか?
ホームページは公開した後も運営や更新が必要であり、リニューアルも大切なことです。

①:イメージの向上やデザインの一新

リニューアルすることで、古くなったホームページのデザインを一新して新鮮さを取り戻すことができます。

企業や店舗が進化していくように、ホームページもリニューアルしてイメージを向上させる必要があります。

ホームページのデザインにもトレンドがあるので、リニューアルの際にはトレンドを組み込みましょう。

②:機能性の向上

古い状態のホームページでは機能性に優れていない場合があります。

機能性はどんどん進化していきますし、今であればスマホ対応にしていた方がアクセス数アップを見込めます。

ユーザーが使いやすいように機能性を高めることで、一層ホームページの価値が高まります。

2.ホームページリニューアルの流れ

それでは、実際にホームページをリニューアルする際の流れを見ていきましょう。

外部にリニューアルを発注する際、どのような流れでリニューアルを進めればいいのか解説します。

①:リニューアルの目的を考える

なぜホームページのリニューアルをするのか目的を考える必要があります。

古くなってきたから何となく新しくしたいという考えであれば、リニューアルしてもあまり変わり映えしません。

リニューアルすることで、アクセスを伸ばして業績が伸びるように目的と目標を考えて設定しましょう。

新たなコンテンツの追加や、機能性アップ、アクセス数・売上増加などが挙げられます。

②:現在の問題点を考える

リニューアルの目的を設定した後は、今公開しているホームページの問題点を考えます。

リニューアルした後に問題点が改善されていれば、より一層使いやすく見やすいホームページとなります。

ライバルサイトなども参考にしながら、アクセス解析も行います。

リニューアルの目的や問題点を明確にすると、発注する際もスムーズに完成イメージを伝えることができます。

③:業者へ見積もりを依頼する

ホームページの制作会社は、費用が一律ではないため見積もりを出してもらい業者を選定する必要があります。
ホームページの規模や記事数、システムの追加などそれぞれ費用は異なりますし、先に見積もりと内訳を知っておくことで後から金額のことでトラブルになることを予防できます。

見積もりを見て業者を選定した後、発注をしてリニューアル作業に入ります。

3.リニューアル後にすべきこと

ホームページのリニューアルは制作して公開したら終わりではありません。

よりよいホームページにするためには、ホームページのリニューアル後にもすべき事がいくつかあります。

①:プレスリリースを活用する

ホームページをリニューアルしたら、新たな展望やメッセージを添えて顧客にプレスリリースとしてお知らせします。

これまでの顧客を再び取り込むチャンスでもあり、新規を獲得する絶好の機会なのでプレスリリースは欠かせません。

②:メディアなどの媒体で告知

雑誌やテレビなどのメディアでの告知もありますが、現在ではTwitterやInstagramなどのソーシャルメディアが普及しているので、こういった媒体を通してリニューアルの告知をします。

プレスリリースと同時に発信することで、更なるアクセスを見込めます。

③:リダイレクトミスに注意

ホームページのリニューアルを行った後、Googleなどの検索エンジンでの順位が下がってしまうということがあります。

これは、リニューアルをする前のページからリニューアルしたページにリダイレクトされていないことが原因です。

そうなると、これまでのお気に入りやブックマークに登録してくれていた顧客が、URLが変更になったことで全て無くなってしまうのです。

リダイレクトミスを起こさないように、リニューアル時には正確にリダイレクト設定を行いましょう。

4.まとめ

ホームページのリニューアルの流れや必要なことを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ホームページのリニューアルでは、目的や現在の問題点を明確にした上で目標を持って行うことが大切です。

リニューアルで更なるイメージアップや集客を伸ばせるように、プランニングに力を入れましょう。