ホームページ制作で必要な基礎知識まとめ【初心者必見】

ホームページ制作を始めるにあたり、初心者であれば基本的な知識から身に付けたいと考える人が大半でしょう。

聞きなれない用語も多く出てくるので、全てを理解できなくても、ある程度知っておかなくてはホームページ制作の本やサイトを見ても意味が分からなくなってしまいます。

そこで、最低限知っておきたい知識を紹介していくので、これからホームページ制作に携わるという方はしっかりと目を通して下さい。

1.ホームページ制作にあたって必要な基礎知識

ホームページ制作で必要な基礎知識まとめ【初心者必見】
まずは、ホームページを作成するにあたって知っておきたい基本的な知識や用語を解説していきます。

全くホームページの作成をしたことの無い人でも、これらを理解すればおおよその流れを掴むことができます。

①:ホームページ制作にあたって必要なもの

まずは、ホームページ制作に必要なものを揃えていきます。

一から制作が難しい場合ツールの利用で簡単に作れるようになっていますが、画像やイラスト、テキストは自身で用意しなくてはいけません。

他人のものを勝手に使うことは著作権侵害となるため、無料使用できるものや自身でデザインしたものを用意しておきましょう。

また、作ったホームページを置く場所であるサーバーも必要です。

制作したホームページがインターネット上で公開できるようにスペースをレンタルするのです。

また、ホームページの住所となるドメインの取得もしておきましょう。

②:テーマや目的を決める

ホームページを制作するには、テーマや目的をはっきりとさせておく必要があります。

そのテーマや目的に合わせてデザインし、画像やイラスト、テキスト、システムなどを入れていきます。

テーマや目的を紙に書きだし、分類していくと下書きを作りやすくなります。

③:ワイヤーフレームとデザインカンプ

ホームページ制作に欠かせないのは下書き作業です。

まずはワイヤーフレームと呼ばれるホームページのレイアウトの下書きを作っていきます。

ワイヤーフレームはテキストや画像の位置などを決めて、枠で大体の位置を決めていきます。

この作業はパワーポイントでも可能ですし、ツールを利用することもできます。

ワイヤーフレームが完成したら、デザインカンプという画像や背景や色を入れて完成イメージを作成する作業を行います。

④:トップページ

ホームページの最初に目に入る1ページ目であり、ユーザーがそのホームページの印象を決める部分がトップページとなります。

デザインカンプから、いよいよ本格的にページを作っていく段階となるのです。

トップページから作成していき、下部ページや派生ページを作っていきます。

⑤:コーディング

ホームページのデザインができたら、インターネット上でどのように表示させるのかを考えて制作する工程がコーディングです。

この時にHTMLやCSSといった用語が出てきます。

HTMLは、WEBページを作成する時に使用する言語で、ブラウザに合わせた表示を行うために必要なものです。

また、CSSはWEBページのデザインを作る言語で、HTMLとは別のファイルで管理するものとなります。

2.知っておきたいホームページに関する知識

ホームページ制作で必要な基礎知識まとめ【初心者必見】
ホームページ制作にあたって必要な基礎知識を紹介してきましたが、ホームページに関する知識として知っておきたい用語をいくつか紹介していきましょう。

①:ブラウザ

ブラウザは、インターネットを見るために必要なソフトウェアです。

ブラウザ上で指定されたインターネットページを開いてみるため、ホームページを見ることができるのです。

ブラウザには多数の種類があります。

②:IPアドレス

ブラウザ同様によく耳にする言葉ですが、IPアドレスはインターネットに接続した機器が持っている番号のことです。

自分の使っているパソコンなどの通信機器がネットワーク上で識別できるように番号が振り当てられています。

③:拡張子

文章や画像、動画などはファイルで保存されますが、そのファイルがどんなファイルであるのか種類を識別するためのです。

ファイルの末部分にある英数字3文字となり、拡張子を見ればどういったファイルであるのかを知ることができます。

3.まとめ

ホームページ制作で必要な基礎知識まとめ【初心者必見】
ホームページ制作にあたって知っておきたい基礎知識を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

すぐに理解できない部分もあるかもしれませんが、用語に関しては少しずつ覚えていけば問題ありません。

基礎知識を身に付けて、ホームページ制作に取り組んでいきましょう。