ホームページのWEBフォントのおすすめ?メリット・デメリット紹介

フォントは文字のデザインのことですが、どんなWEBフォントを使用するのかによってホームページの雰囲気が大幅に異なります。

現在では、WEBフォントは有料と無料のものが数百種類公開されているので、どんなものを使用するのか悩んでしまいます。

どういったWEBフォントがおすすめであり、WEBフォントを使うメリットやデメリットはあるのか解説していきます。

1.WEBフォントの使い方

ホームページのWEBフォントのおすすめ?メリット・デメリット紹介
WEBフォントの使い方は、非常に簡単なので初心者の人でも気軽に用いることができます。

WEBフォントをホームページに反映させるだけで良いのです。

WEBフォントのJavascriptをタグで埋め込むか、@font-faceでフォントファイルを指定すれば反映されます。

少し時間がかかりますが、フォントデータをアップロードするという方法もあり、どの方法でも手軽と言えます。

ただし、ブラウザが古いバージョンでは対応していない場合もあるので注意しましょう。

2.WEBフォントを使うメリット・デメリット

ホームページのWEBフォントのおすすめ?メリット・デメリット紹介
そもそもなぜWEBフォントを使うのでしょうか?

ホームページのブランディングにおいてWEBフォントは非常に大切であり、ホームページの印象を左右する部分でもあります。

WEBフォントを使うメリット・デメリットについて見ていきましょう。

①:メリット

・どんなデバイスでも同じフォント表示がされる
・SEO対策になる
・メンテナンスが楽になる

ユーザーのブラウザやPC、スマホなど環境に左右されることなく、同じようにフォントを表示することができます。

そしてそのホームページに合ったデザインを維持しつつも、デザイン性の高いテキスト画像を表示することなくSEO対策が可能となります。

また、更新の手間も省け、修正の対応も簡単なことがメリットです。

②:デメリット

・表示速度が遅くなる
・料金が発生する場合がある

最近では改良が進んだので表示速度の問題も改善されつつありますが、フォントを使用することで表示速度が遅くある場合があります。

多くの種類がありますが、無料のものだけでなく有料のものもあるので料金が発生することもあります。

3.おすすめのWEBフォント

ホームページのWEBフォントのおすすめ?メリット・デメリット紹介
WEBフォントを使用すれば、よりホームページのメッセージ性やイメージを表現しやすくなるものということではなく、作業スピードを上げることができます。

おすすめのWEBフォントを紹介していくので、どのWEBフォントを利用するか悩んでいる人は参考にしてみてください。

①:Googleフォント

リンクはこちら

Googleが無料で提供しているWEBフォントのサービスです。

無料ながらも800種類以上のフォントが揃っており、商用利用も可能なのでホームページ制作で高い人気を誇っています。

登録することなく、利用したフォントを選んでコードをコピペするだけと使い方も簡単です。

フォントを初めて使用するという人や、豊富な種類から無料で選びたいという人におすすめです。

②:はんなり明朝

リンクはこちら

無料のWEBフォントの中でも人気の高いフォントサービスで、築地体を参考にした日本語フォントを利用することができます。

アクセス数も多く、利用者も多いので人気のフォントを利用したい人におすすめです。

やさしくて、ふんわりとした日本語をホームページで表現することができます。

商用利用も可能なので、安心して使用することができます。

③:モリサワ

リンクはこちら

日本を代表するフォント開発・販売の会社であり、プロであれば当たり前のように使用しているモリサワです。

有料になりますが、さまざまな種類のフォントがあるだけでなく、王道とされるフォントを取り扱っています。

定番で誰もが利用しやすいフォントを探している人や、これからWEB制作を行っていく人であれば利用するかどうか関係なく一度は見ておきたいものです。

④:フォントワークス

リンクはこちら

フォントワークスもフォント界では有名であり、高品質でデザイン性の高いフォントを制作しています。

使いやすいフォントから、遊び心のあるフォントまで幅広く揃っているので、年間定額制で利用してもさまざまなシーンで利用することができるでしょう。

少し個性を出したいという場合にもおすすめできます。

⑤:モトヤ

リンクはこちら

大正11年創業という歴史を持つモトヤは、日本経済新聞は産業新聞などの多くの媒体で長年使用される老舗フォントです。

日本で初めて文字をデジタル化した会社でもあり、先駆者的な存在と言えます。

見やすく分かりやすいことをモットーに、高い可読性のフォントで幅広い業界で愛用されています。

はっきりと読みやすいフォントを探している人におすすめです。

4.まとめ

ホームページのWEBフォントのおすすめ?メリット・デメリット紹介
ホームページ制作において、WEBフォントの利用は欠かすことができません。

制作したいホームページイメージに合ったフォントを利用して、より洗練されたホームページにしていきましょう。

ホームページのデザインは以下をご覧ください。