パワーポイントでワイヤーフレームを作成するには?

ワイヤーフレームは、ホームページでは欠かせない設計図のようなものとなります。

もちろんワイヤーフレームを作成しなくてもホームページは作れますが、ワイヤーフレームがないと修正作業が大変ですし、スムーズに制作するには欠かせません。

ワイヤーフレームはツールを利用して作成もできますが、パワーポイントで作成することも可能です。

今回は、パワーポイントで作成するメリットや、作成時のコツなどをお教えします。

1.どうしてワイヤーフレームはパワーポイントを使うの?

パワーポイントでワイヤーフレームを作成するには?
ワイヤーフレームの作成はツールを利用すれば簡単に作成できますが、無料で利用できるものも限られています。

そこで、パワーポイントでのワイヤーフレーム作りがシンプルかつ便利です。

パワーポイントであれば、作成したワイヤーフレームを他の人と共有しやすいですし、他の人が修正を直接書きこむ時もできます。

データとして残しておけば、テンプレートとして使うこともできます。

2.ワイヤーフレームをパワーポイントで作成するコツ

パワーポイントでワイヤーフレームを作成するには?
それでは、ワイヤーフレームをパワーポイントで作成する時のコツをお教えします。

自身でホームページを作成するという場合には参考にしてみてください。

①:実際のサイズを想定して作成する

ワイヤーフレームを作成する際には、実際に仕上がったページをイメージできるようにしなくてはいけません。

そのためテキストや写真部分、レイアウトのサイズは実際にホームページに掲載するサイズを想定して作成します。

実際のサイズに作成することで、後から修正する必要がないようにできます。

参考にしたいホームページがあれば、そのサイトのページをキャプチャしてパワーポイントにコピペして縮尺を整えていくこともできます。

②:よく使うボタンをリボンに表示させる

ワイヤーフレームをパワーポイントで制作するによく使うボタンでもリボンに表示されていないものもあります。

良く使うコマンドは事前にアクセスしやすいようにリボンに表示させておきましょう。

特に良く使うボタンは「図形揃え」「図家の複合」「図形の型抜き/合成」など図形関連のボタン、「左揃え」「左右に整列図」などの整列系ボタンです。

リボンに表示させるには、リボンを右クリックするか、もしくはファイルのオプションから「リボンのユーザー設定」で操作できます。

③:ショートカットコマンドを使えるようにしておく

パワーポイントにはショートカットコマンドが多数あるので、これら知っておくと作業が数段はかどります。

フォントサイズを変更したい場合は、【Ctrl】と【{】で拡大、【Ctrl】と【}】で縮小することができます。

また、図形を拡大・縮小したい場合には【SHIFT】と矢印キーで変更できます。

縦横の拡大・縮小が簡単にできるので、覚えておきたい操作です。

他にも図形が移動させたい場合は【Ctrl】と一緒に矢印キーで細かい移動も可能となります。

④:テキストボックスの余白に注意

テキストボックスは元々余白が設定されているため、図形と整列させた時に収まりの悪さが気になります。

そういった時には「図式の書式設定」より「テキストボックス」を選択し、余白をゼロにすることで解消することができます。

⑤:文字数に注意

自分自身でホームページ制作を行う時に注意したいのが、文字数です。

ワイヤーフレームを作成しても、実際に文字を入れ込んでいくと文字数がオーバーしてしまいレイアウトが崩れてしまう場合もあります。

反対に、文字数が思いの外少ない場合は、全体のバランスが悪くなってしまうこともあります。

そうなると完成したワイヤーフレームを再度見直して修正しなくてはいけないので、時間がかかってしまいます。

実際に入れる文字数を考慮した上で作成し、既に決まっている場合は当てはめてみましょう。

3.まとめ

パワーポイントでワイヤーフレームを作成するには?
ワイヤーフレームの作成は細かい調整や出来上がりのイメージを掴むために丁寧さが求められますが、スピードも大切です。

紹介したコツを利用して、スムーズかつスピーディーにワイヤーフレームをパワーポイントで作成できるように参考にしてください。

ワイヤーフレームを一層完成イメージが湧きやすいものにしたい場合は、少しデザインや写真を入れるといいでしょう。